2012年01月05日

どうするかな〜?

CT110には、燃料計が付いていません。
もう1台のリトルカブは、シートを開けたタンクの上に燃料計が付いているので、一目で残量が確認できます。

購入依頼ガソリンの残量が分からず苦労しているので、なんとか悩みを解消したい所です。

その方法とは・・・
@タンクを改造して後付けの燃料計をメーター付近に取り付ける。
A初代ホンダシャリーのタンクキャップに燃料計が付いているので、それを流用する。
B自転車用のトリップメーターを取り付けて、走行距離と燃費からガソリンの減り具合を予想する。
C手動の距離カウンターを貼り付けて、給油予想距離を表示しておく。

@は、なかなか素人では難しいだろうと思います。
Aは、費用は大した事ないと思うんですが、なかなか探し出すまで時間がかかるかな〜と思います。
Bは、@よりは簡単に取り付けられそうなんですが、ちょっと面倒くさそうです。
そこでCですが、コレが一番費用もかからず、手間もいらない、今考えられる最善の方法かと思います。

ネットでいろいろ探した揚句、「リヒター」の「kmカウンター」と言うのを見つけました。

kmカウンター.jpg

磁石で脱着可能です。
満タン時の距離から約120km先の距離を表示ておき、その距離を目安に次回の給油を行えばイイのです。
値段もわずか数百円。

ただ・・・コレを取り付けられるスペースがメーターやハンドル付近にないんです。
どうすっかなぁ〜・・・ウ〜ン!悩む!!

posted by クモ男 at 23:15| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CT110 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。