2011年12月25日

固茹で

久しぶりに1冊の本を読破しました。

先日の出張の際、行き帰りの電車の中で半分ほど読んで、今日午後からゴロゴロしながら読み終えました。

その小説は、東 直己作の「探偵はバーにいる」です。

DSC_1333.jpg

最近、大泉 洋主演で映画化された作品です。
ちょっと笑えるような作品かと思ってましたが、意外とハードボイルドな内容でした。

主人公「俺」が、ひょんなきっかけで依頼された事で、事件に巻き込まれていくと言うストーリーですが、途中ですんなり解決へ向かうのかと思いきや、最後にまさかの展開・・・面白かったですね〜

今回読んだのは、映画化になったストーリーではなかったんですが、映画の方も観てみようと思います。
小説を読んだイメージでは、主演松田優作で観てみたかったな〜

さぁ!続きで他のシリーズも読んでみるか!
posted by クモ男 at 00:36| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242396058
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。